私がフリーランスになった理由~どうにかする!~

2020年3月20日

どうしてフリーランスに?「仕事が決まらないなら自分でどうにかする!」

私は受付嬢といった接客業や占い師(当時は副業だった)などを経てフリーランスになりました。

セクハラやらパワハラやら

フリーランスになるきっかけをくださったのはある仕事での面接。「女性はどうせ結婚だの出産だのですぐやめるんでしょ?」と言われたんですよね。「書類選考通して面接まで呼んでそれかーい!」と思ったわけです。

また、過去ある仕事でセクハラにあって訴えたらクビになったり、社内でパワハラにあっている人をかばったら「君、あの人と付き合えばいいんじゃない?」と訳の分からないことを言われたり。いろいろあったんですよ。本当にいろいろありました。
(余談ですが、パワハラにあっている人をかばった会社はのちに炎上しました)

病気がち……

さらにいっときまでカラダが弱かったんですよ。小さい頃からすぐを風邪を引き、小学校のときは休みすぎて進級に不具合が生じるところでした。
大人になったら、悩みから回転性めまいになって生活できなくなったり、また風邪を引いたり。

仕事もない

そして仕事も決まりません。私は仕事の決まらない人でした。自慢じゃないですけど本当に。(そもそもその頃は、自己と向き合ったり何がしたいかを決めていなかったりしたので、そりゃそうなりますよね)

そしてある日思ったのです。「仕事がないならつくればいい!分かった、自分ができそうで好きなことを仕事にしよう、そして家で働く!」と。

そこで検索をして見つけたクラウドソーシングからライターの道に飛び込み、なんやかんやで複業フリーランス(Web編集者×ライター×霊感持ち占い師×ブログ×いろいろ)の今に至ります。ある種導かれたのかもしれません。

2015年から地獄の始まり

ところが2015年、仕事やその他で色々な悩みを抱えて2016年からTwitterをストップしました。ハラスメントや粘着、まあいろいろありまして軽いうつ病のような状態になり、Twitterを見るのが本当に苦痛で突然閉じたのです。何回も何回もアカウント消そうと思った。

Twitterだけじゃなく、人との交流もほとんどしたくなかった。正直、この時期私は誰のことも信じられなかったし、自分が嫌いだしで地獄のような日々でした。

2017年死が身近になる

そして2017年、前がん病変が判明しました。医師から「がんの手前だね。病院紹介するから手術したほうがいいよ」といわれたときは何も考えられなくて、呆然としていたのを覚えています。

またこれは、手術しつつの検査も必要でした。要するに手術して取りのぞきつつ、その病変部分を検査して、「がんになっているか否か」を見るというものだったんですよね。つまり、切ってみないと分からないという。

手術すると決めるまでめちゃくちゃ葛藤していました。「何だかんだで治るんじゃ?」とか考えたこともありました。でもね、そんなこと考えてる間に進行するわけです。とはいえもし、切って中ががんになっていたら、もしがんが転移していたら死ぬわけで。ずっと葛藤していました。

でもある日、「いや手術しよう。切って済むなら切ろう」と思ったんですよ。そこからは気持ちの切り替えが早かった。結局入院すべてを愉しんでしまって、手術直後看護師さんから「あの、ずいぶん落ち着かれてますけど医療関係者でした?」と聞かれたほどでした。
ああ、病院のご飯、美味しかったな……。

メモ書き程度のログですが、入院と手術については下記を!

http://lakshmix.com/shujutulog1/

http://lakshmix.com/shujutulog2/

http://lakshmix.com/shujutulog3/

潜在意識とあり方が助けてくれた

でも2015年前後から潜在意識がそばにあったのです。最初は「潜在意識?引き寄せ?思ったことが現実になるの?」と浮かれてましたよ。現実化したこともいくつかありましたし。でも根本がぐちゃぐちゃだったため、力業になったり無理したり何度も失敗してたんです。

そのうちに師匠と出会って「自己の育て方=人間力」を学び、自己を立て直すことができたのです。同時に「潜在意識の使い方」も腹に落ちることが増えて、嬉しいことばかりつまり笑いのある日々に変わっていきました。

潜在意識は特別なものではなく誰でも使えますし、あり方を身に付けて己を育てれば根本がしっかりするんだーって実感したんです。

  • 潜在意識と仲良くなる:自然な形で幸せに向かう、嬉しいことが嬉しいことを呼ぶ好循環
  • あり方:自己観察、自分を許す・認める・愛する・そして決める 後は届いた事柄を受け取って受け入れて、誠実に真摯に淡々と過ごす

そして徐々に「自分軸」がきちんと整い、自然と「自分も相手も幸せ」が浸透していったのです。

2018年「私も周りも幸せに」と決めた

2018年に「私も周りも幸せに」と決め、同時にモットーもこの言葉となりました。2019年の今もです!

ちなみに数名ですが、潜在意識について伝えた何人かは、願った通りの道にまるで導かれたように辿り着いたんですよね。聞いた私も驚いたほど!もちろん私自身も、さまざまな面で変化が起き続けています。

ただ手術したことで体調が変わった点もありますし、今後も経過観察が必要な身なんですよね。正直、無理がきかない部分も増えちゃいました。でもおかげで大切なことがたくさん分かったのも事実。すべてに感謝です!

2019年は「飛ぶ準備」

  • 仕事で良い意味での「まさか」頻発(「何でか分からないけどうまくいく」ばかりです、ありがたいです)
  • 尊敬する方との出会い
  • ゲーム仲間などへの感謝

いろいろあってこうして生きています。また「やりたいこと行きたいところ」「やりたくないこと居たくない場所」も明確になる日々。今年もこのままぜんぶ愉しんでいきますよ。

2020年は「切り開く」

己を受け入れ、最終地点を決め、それを続けながらいろいろと切り開いていこうと思います。

スポンサーリンク

Posted by 楽趣みくす