別々の場所で引いたお神籤の話がつながって驚いた話

2019年3月22日

2月6日、行きつけの寺に行く

行きつけの寺がある。ここはとても波長が良くて、何時間でもいられる素敵なお寺。しかも祀ってあるのが・・・(伏せる

「今年もよろしくお願いします!」と挨拶をして回り、アイテムをいろいろと浄化してきた。そして、お神籤を引いた。

短歌の話がつながった!!!

お神籤の頭に書いてある短歌、あのストーリーがつながったのだ。

  • 初詣で行った神社Aのお神籤;「嵐だよ!しばらく港に停泊して様子を見てね!」
  • 昨日行ったお寺Bのお神籤:「追い風だから進めるし港も賑わってきたよ!」

これまで引いたお神籤を思い出してみた。短歌に現れる自然って山や空や色々あったはず。あるよね。あったはずだよね。

だから、シチュエーションがつながることはあるかもしれない。

 

でもさ、話までつながったって初めてだよ。驚いて「えっ」って言っちゃったよ。

お守りを買って山菜の天ぷらを食べるのだ

七福神のお守りと熊手(結構大きい!)を買って、寺付近にあるとても美味しい蕎麦屋に寄り・・・さらに寄り道をし、帰宅。

なお、この蕎麦屋では、季節ものの山菜を天ぷらで出してくれる。もちろんそれぞれ提供期間が決まっているけれど。今回は、ふきのとうの時期!揚げたてのふきのとうを食してさらに幸せになったのだ。

寺に行ったからいろいろスッキリしたし、神様方に挨拶も出来たし。とても良い一日でござったのだ。

合う合わない

ちなみに、合わないところへ行くと、フラフラして居続けられない。ぱっと見ると、黒く渦巻いてるところもある。(多分、浄化が間に合ってないのかなーと)そんな社寺仏閣もあった。

スポンサーリンク