~お客様とあなたの架け橋に~ 

「メルマガ」「セールス」「コピー」「WEBサイトの紹介テキスト」「解説記事」「コラム」「エッセイ」「ニュース」など硬軟自在に1,000本以上執筆。

現在お引き受けしているのは、

  • コピーライティング
  • メルマガライティング
  • 解説やコラムライティング
  • プロセスライティング

などです。詳細は下記を参照くださいませ。

はじめに。

はじめにお伝えしたいことです。

・すべての料金には、「ヒアリング」「構成作成」「作業(ご依頼内容に準じます)」「ディレクション(工程並びに品質管理)」「修正(2回まで)」各費用を含む

・基本、テキストでのご対応

・分割支払い可能

・お見積もりは無料

コラム、解説記事など一般的なテキストコンテンツ 1500文字 5,500円(税込み)~ 

オウンドメディアに求められるテキストコンテンツは、「KWやテーマに沿い、構成と流れと中身がある内容」です。

とはいえ専門性が高すぎると、難解さから読み手は離脱しやすくなり、一方で分かりやすさを追求し過ぎれば、読み手の心に残る感情も減ってしまいます。

オウンドメディアには砕けすぎず、自社の事業内容に沿っていて、適度に読みやすく分かりやすい、そんな骨のある内容が求められているといえるのですね。

カオナビ様の「人事用語集」を始めとしてホテル運営事業、人材育成、toCソリューション、金融、WEB制作などさまざまな企業様のオウンドメディアに携わり続けている実績をもとに、原稿を執筆いたします。

  • 自社オウンドメディアに「~」というテーマに沿ったコラムが欲しい
  • 新規メディアに読み物がが欲しい

そういったご要望はありませんでしょうか?その悩みにお応えいたします。

得意分野

・HR、働き方、キャリア(総担当歴4年以上)

ホテル・研修運営事業会社様、人材育成事業会社様、女性向けメディア様などで記事執筆に携わり続けております。

・ゲーム

コラムやレビュー執筆、クリエイターやゲームセンターへの取材経験などがあります。過去Yahoo!で配信されたゲームセンターへの取材記事に大きな反響をいただいたことも。

得意分野以外でもご相談に乗ります。お気軽にお声がけくださいませ。

WEBサイトのテキスト作成 500文字 5,500円(税込み)~

(キャッチコピーの要素が入る場合、キャッチコピーに準じます)

自社サイトつまりコーポレートサイトは、訪問者に「あなた」と「あなたの会社」を知ってもらう重要な窓口

しかしコラムと異なり、表示できる文字数には制限があるため、適切な説明は難しいことも多々ありますよね……。

大手ECサイト様やWEB制作会社様などのサイトテキストを執筆した実績をもとに、限られた文字数で適切な説明を執筆いたします。

  • 理念
  • 事業内容
  • 商品・サービス
  • あなた自身

伝えたいことはありませんか?「共有いただく資料」「テキストによるヒアリング」などから、その想いを言語化し、Webで営業するコンテンツに変えていきます。

メルマガ執筆 500文字6,600円(税込み)~

自社で顧客向けにメルマガを発行したい、これまで内製していたけれどメルマガを書く時間がない、そんな方はいらっしゃいませんか?

慌ただしいあなたの代わりに商品・サービスの魅力や事業内容、新企画、イベントを伝えるメルマガを執筆します。

クリックしたくなるタイトル

テーマに沿いながら読ませる、お客様をCTAに導く

よう進めております。

制作の際は、

  • テーマだけのご提示
  • ストーリーイメージのご提示

どちらでも対応可能です。ぜひお声がけくださいませ。

キャッチコピー作成 16,500円(税込み)~

何度も広告を出さずに営業ができたら……。そんな思いを抱いたことはありませんか?

では、これを読んでいるあなたに伺います。この言葉をご存じでしょうか?「Salesmanship in print.(印刷されたセールスマン)」

そうキャッチコピーは端的に魅力やメリット、強みをアピールしながらも、半永久的に営業を進めてくれる言葉なのです。

・強み

・商品・サービスの魅力

・特徴

を伝える言葉を執筆いたします。営業につなげたい、知ってもらいたい、そんな方はぜひお声がけくださいませ。

注意事項

どの業務においても、以下を心掛けています。

・真摯(嘘や盛った内容は書けません。過去、「内容を盛って欲しい」という依頼を受けましたが、お断りいたしました。)

・サイトやブログ、いただいた資料を何度も読み込み、情報と企業やお客さま自身と目的などを理解して、ご提案のうえ進める

・先回りによってコミュニケーションコストを軽減

わたしは、ビジネスパートナーとして二人三脚で進められるスタイルを望んでおります。それに伴い、資料の提示をお願いしたり細かなヒアリングによって方向性をすり合わせたりといった場合も多々あります。

そのため、

  • 何でもいいから書いてくれればいい
  • 限界まで安くやって欲しい
  • お任せさえすれば、こちらは何もしなくてもよいですよね?
  • こだわりが強すぎる

場合、期待に応えることが難しいです。この点は、ご了承くださいませ。

もしマインド面や強みが分からないといった点は、別途料金になりますが、コンサルいたしますのでご相談ください!

お仕事に対してどのように取り組んでいるかは、コチラをご覧ください。